北海道の動物園・水族館

旭山動物園

北海道旭川市東旭川町倉沼
基本情報お勧め解説写真動画
全国的に有名な、日本最北の動物園。
旭川に来るのなら絶対に外せない観光スポットです。
>>さらに詳しい写真を見る >>さらに詳しい動画を見る
数年前に比べれば、ブームは去りお客さんも減った模様。
しかし、動物を見る楽しさ、驚き、感動、は変わらず健在!
むしろゆっくり落ち着いて見れる今こそ行くべきです!
子供はもちろん、大人も楽しめます。
というか、大人の方が楽しめるかも。
旭山動物園は「行動展示」として特徴的な施設がたくさんありますが、飼育員さんが動物に指示して行動させるようなことはありません。
どう行動するかは、あくまでも動物達の気分次第であり、お客さん側としては運次第。
気長に楽しみましょう。
■ぺんぎん館
ぺんぎん館は、屋外と屋内に観覧場所があります。
屋外では、1mくらいの超至近距離でペンギンに会えます。
施設の屋内へ入るとに、ペンギンのプールの中を通っていく水中トンネルがあり、周りをペンギンが泳いでいきます。
青空の元で泳いでいるペンギンを見上げると、まさに「空を飛んでいる」ように見えます。
■あざらし館
あざらし館には、旭山を象徴する名物施設「マリンウェイ」があります。
屋内の部屋のド真ん中に円柱があり、アザラシが上下に泳いでいきます。
人間がアザラシを見る施設ですが、アザラシ達も人間を興味深く見ています。
屋外では、のんびり泳いでいるアザラシのプールを眺めることができます。
■ほっきょくぐま館
広い敷地をのんびり歩くホッキョクグマ。
以前は「もぐもぐタイム」があり非常に高確率でプールに飛び込む様子を見ることができましたが、現在は人の密集を避ける為に休止しています。
しかし、今はまた違う見所ができました。
2020年からペアリングを目指して2頭のホッキョクグマが同居しており、仲睦まじい様子を見ることができます。とても可愛いです。
■かば館
かば館の一番の注目ポイントは、屋内のプールです。
プールの中を見られる場所がありますので、カバが泳いだり水中散歩する様子を見れます。
飛び込む時の豪快さ、浮上する時の身軽さ、初めて見るカバの動きを楽しめます。
また、2020年1月に赤ちゃんが生まれましたので、今は小さな子供のカバを見ることもできます。
■レッサーパンダ舎
お客さんの通路の頭上に吊り橋があり、レッサーパンダーが渡っていきます。
そして、通路を挟んでレッサーパンダ舎の反対側にある木の上で寝ていることがよくあります。
レッサーパンダを見に行った時に、なんか変な上のほうにカメラを向けている人がいたら、その先にレッサーパンダがいる可能性が高いです。
■もうじゅう館
アムールトラとライオンのスペースが隣り合っており、柵越しに一緒に遊んでいる光景をよく見ます。
ユキヒョウはお客さんの頭上が定位置で、気持ち良さそうにお昼寝しています。
お腹の毛並みや手足の肉球をじっくり観察できるのは、旭山動物園ならではの楽しみ方です。
■オオカミの森
園内の他の施設のような面白い仕掛けなどは特にありませんが、森の中の様子が再現されており、そこにたたずむオオカミがとにかくカッコイイ!
園内放送に合わせて遠吠えすることが多いので、園内放送が始まったらオオカミの森に行ってみましょう。
※あくまでも確率が多いだけで、必ずではありません。
■おらんうーたん館
おらんうーたん館の施設は大きく2ヶ所に分かれており、その間にロープが張られていて、その高さはなんと17メートル!
オランウータンが渡っていきます。
滅多に見られない超レアな光景です。
■てながざる館
おらんうーたん館の隣にあります。
メディア等で注目されることがほとんどないのであまり知られていませんが、ものすごく面白いです!
高さ14メートルの鉄塔に「雲梯」があり、テナガザルが人間の頭上を飛び跳ねるように軽々と渡っていきます。
ずっと見ていると首が痛くなります(笑)
■ペンギンの散歩
冬になって園内に雪が積もると、ペンギンの散歩が行われます。
列を作ってヨチヨチ歩いていくペンギンがとても可愛い!
散歩に出るのはキングペンギンがメインですが、ジェンツーペンギンも数羽だけ出てくることがあり、ジェンツーペンギンは列に入らずに自由に動き回って、それがまた可愛いです。
子供のペンギンも出てくることもあります。真っ黒い真ん丸のペンギンはキングペンギンの子供です。
新型コロナウイルスの感染拡大および予防対策の為、営業期間中でも臨時休園時間短縮になる場合がございます。
各施設の公式ホームページ公式SNSを必ずご覧になって、正式な最新の営業予定をご確認ください。
名称 旭山動物園
住所 北海道旭川市東旭川町倉沼
主な動物 ペンギン、アザラシ、ホッキョクグマ、アムールトラ、アムールヒョウ、ユキヒョウ、レッサーパンダ、オオカミ、エゾシカ、オランウータン、テナガザル、クモザル、カピバラ、カバ、キリン、チンパンジー、ニホンザル、フクロウ、オオワシ、フラミンゴ、ハクチョウ、等
HP 公式サイト公式SNSを必ずご覧になって、正式な最新の営業予定をご確認ください。
[公式サイト] http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/
[ブログ] http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/news-blog/news.html
[Twitter] https://twitter.com/asahiyamazoo1
[Facebook] https://www.facebook.com/asahiyamazoo
[Instagram] https://www.instagram.com/asahiyamazoo1/
[Youtube] https://www.youtube.com/channel/UCMNKHK7MyNoWZlGhuej1SPw
営業 ※営業期間中でも臨時休園時間短縮になる場合があります。
[※臨時休園※] 2021年9月30日まで臨時休園(予定)
[夏期(1)] 2021/04/29〜10/15 09:30〜17:15 ※入園は16時まで
[夏期(2)] 2021/10/16〜11/03 09:30〜16:30 ※入園は16時まで
[冬期] 2021/11/11〜2022/04/07 10:30〜15:30 ※入園は15時まで
料金 大人(高校生以上):1,000円
小人(中学生以下):無料
旭川市民料金(大人):700円
年間パスポート:1,400円
駐車場 公式駐車場:無料
正門前と東門前に、無料の公式駐車場があります。
ただし、東門をご利用の場合は、入退場の際に長い階段を歩く必要がありますので、小さなお子様や年配の方には大変かも知れません。
動物園の周辺には有料の民間駐車場(1台500円)があり、西門に近くて入退場がとても楽なので、ご家族でお越しの際はご利用をご検討ください。