北海道の動物園・水族館

釧路市動物園

北海道釧路市阿寒町下仁々志別11番
基本情報お勧め解説写真動画
古き良き時代を彷彿とさせるノスタルジック動物園。
ホッキョクグマさんの人間くさい仕草と表情が、プチブレイク中。
>>さらに詳しい写真を見る >>さらに詳しい動画を見る
園内には緑が多く、芝生やベンチでのんびり休める場所がたくさんあります。
遊園地も併設されています。
動物を見たり、遊園地で遊んだり、芝生で寝転がったり、お弁当を食べたり、ピクニック感覚でどうぞ。
■フンボルトペンギン
動物園の正門から入ると一番最初にいてお出迎えしてくれます。
泳いでいたり、昼寝していたり、のんびり気ままに過ごしています。
■キリン
キリンの親子3頭が暮らしています。
現在は別々に離れた場所にいますが、柵越しに顔をスリスリしていたり、お互いのほうを見ていたり、とても仲良さそうです。
■ホッキョクグマ
キロルくんとミルクさんの2頭いて、午前と午後で入れ替わります。
広々としたプールを泳いだりオモチャで遊んだり、のんびり過ごしています。
お昼ごろに「パクパクタイム」があり、プールの中で魚を食べている様子を見られます。
(※現在はパクパクタイム休止中)
■オタリア/ゼニガタアザラシ
■ライオン/アムールトラ
5つの部屋に合計7頭のライオンとトラがいて、北海道内の動物園では最多です。
アムールトラのココアちゃんは釧路市動物園のシンボル的存在。
足が不自由な状態で生まれてきましたが、元気に生きています!
■カナダカワウソ
2頭のカワウソが一緒に仲良く暮らしています。
陸地で真っ直ぐに立つこともあります。ビックリ!?
■シロテナガザル
シロテナガザルのオンちゃんは、世界最高齢で推定年齢60歳以上。
■レッサーパンダ
施設の中に高い木があり、レッサーパンダが登って遊んでいます。
レッサーパンダがどこにもいない?と思ったら、木を見上げてみると葉っぱに囲まれて枝の上で昼寝しているかも。
■北海道ゾーン 木道散策路
動物園の敷地内にとても広い散策路があります。
自然に囲まれてとても気持ち良いです。
■タンチョウ/ハクチョウ
北海道ゾーンの中にタンチョウやハクチョウなどがいます。
■ふくろうの森
施設が面白い構造になっており、フクロウやミミズクがたくさんいる中にトンネル状の通路があります。
通路の頭上にいるフクロウから見下ろされたり、近寄ると威嚇されたり、貴重な体験ができます。
■遊園地
園内には観覧車などの遊具があります。
観覧車に乗ると、動物園全体を見下ろすこともできます。
新型コロナウイルスの感染拡大および予防対策の為、営業期間中でも臨時休園時間短縮になる場合がございます。
各施設の公式ホームページ公式SNSを必ずご覧になって、正式な最新の営業予定をご確認ください。
名称 釧路市動物園
住所 北海道釧路市阿寒町下仁々志別11番
主な動物 ライオン、トラ、ホッキョクグマ、ペンギン、アザラシ、オタリア、キリン、シマウマ、エゾヒグマ、エゾシカ、レッサーパンダ、カワウソ、ビーバー、アルパカ、ニホンザル、チンパンジー、オランウータン、テナガザル、ダチョウ、ワシ、タカ、フクロウ、クジャク、タンチョウ、等
HP 公式サイト公式SNSを必ずご覧になって、正式な最新の営業予定をご確認ください。
[公式サイト] http://www.city.kushiro.lg.jp/zoo/
[Facebook] https://www.facebook.com/KushiroZoo
[Twitter] https://twitter.com/kushirozoo
[Youtube] https://www.youtube.com/channel/UCmRGcNmIdWd7-BAoCf6T8Hw
営業 ※営業期間中でも臨時休園時間短縮になる場合があります。
[夏期] 04/10〜10/14 09:30〜16:30 ※入園は午後4時まで 
[冬期] 10/15〜04/09 10:00〜15:30 ※入園は午後3時まで
[プール清掃] ※ホッキョクグマ舎のプールを清掃する日(ホッキョクグマが大放飼場に出ない日)がありますので、公式ホームページでご確認ください。
[休園日] ※冬期は休園日がありますので、公式ホームページでご確認ください。
料金 大人(高校生以上):580円
小人(中学生以下):無料
年間パスポート:1,050円
駐車場 公式駐車場:無料
無料の公式駐車場は、動物園西門前(ホースパーク向かい)にある市営駐車場です。
動物園正門前の道路向かいにある駐車場は、有料の民間駐車場ですので、お気をつけください。